mixi 上でユーザー参加型ドラマ広告、「mixi × ドラマ」3月スタート

株式会社ミクシィ は26日、同社が運営するソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「 mixi 」上で、ユーザー参加型のドラマ広告「 mixi×ドラマ 」を3月1日より開始すると発表した。

mixi x ドラマは、mixi 上の Web 小説を軸に、ユーザーと登場人物が「マイミクシィ」として繋がったり、登場人物による mixi 日記を読むことができるなど、様々な仕掛けを組み込んだ広告コンテンツ。

なんだか面白そうですね。3月からって事なんでもう始まっているのかな?見てみたい、参加してみたい。でも、顔だせないか?Web 小説は平日のみ毎日更新。登場人物は mixi 公認アカウントを持ち、日記やフォトアルバムを更新する。登場人物と「マイミクシィ」になったユーザーは、登場人物への紹介文や応援メッセージによる参加が可能で、ストーリー展開にも関与することができるという。

登場人物のプロフィールや小説の本文中に関連キーワードによる協賛企業による広告が掲載される。

mixi × ドラマは、株式会社アイメディアドライブの協力により実現したもので、第1回目は作家 原田マハ氏の書き下ろし小説「普通じゃない。extraordinary」を中心に展開。株式会社インテリジェンス、花王株式会社、トヨタ自動車株式会社、P&G グループの協賛が決定している。

この新たな広告は、ログイン率の高い mixi ユーザーに向けて高い頻度でコンテンツの更新を行うことで、商材や企業の認知向上やファン層の拡大を狙う。ミクシィは、広告事業の新たな収益モデルとして mixi × ドラマに注力していく方針。

■関連記事

SNS 定期リサーチ(5):2007年2月23日――3人に1人が SNS 利用経験あり

Infoseek 検索キーワードランキング (2007/2/13〜2007/2/19)

GREE モバイル利用者が倍増、満足度も向上【第21回:モバイル調査】

半数近くが「検索サイト=Google」――インターネットユーザーの直感

Nike の事例に学ぶ顧客維持型 Web マーケティング


(引用:ヤフーヘッドラインニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。